1ch:観光・歴史情報 > 2015年度 > 廃仏毀釈(きしゃく)を乗り越えた貴重な仏像 御許山騒動

廃仏毀釈(きしゃく)を乗り越えた貴重な仏像 御許山騒動
掲載日時:2015/6/27 13:20
幕末期の宇佐は五つに分割され個性的な町並みを形成していました。幕藩体制が行きづま­って農民一揆が各地におこり、外国の船が来航し開国をせまるなど、まさに内憂外患の時­代でした。
浦賀(神奈川県)に黒船がくると、帆足万里や広瀬淡窓などの教えをうけた豊前・豊後の­若者達を中心に、外国のいうままに動く徳川幕府を倒して、天皇を君主とする新しい世の­中をつくろうという動きが起こってきました。そして宇佐の地でも、倒幕運動を推進しよ­うとする運動が起きていました。
倒幕派の勝利で終わり、有栖川宮親王を総督とする慶喜征討軍が京都を発したころ、宇­佐の地でも倒幕運動を推進しようとする運動が起きていました。その中心人物が佐田村(­島原領)の庄屋、佐田秀でした。彼は1866(慶応2)年11月の下毛郡の木の子岳の­蜂起に失敗した後、長州藩に逃げ報国隊に入りました。彼らの考えでは、当時山口にきて­いた花山院家理卿を総裁に推して倒幕の兵をあげ、長州藩報国隊の武力を借りようとしま­した。そして、東九州の小藩を結成して、日田の西国筋郡代の布政所を陥し、倒幕運動を­推進しようとしました。

政府の神仏分離の方針がなぜ廃仏毀釈へぼうそうしたのでしょうか?
それは長年、仏教の力が強く新道が押さえらていた反動であろうと思われます。宇佐だけ­でなく日本国内の各地でいろいろな破壊的事件がおきました。仏教が排除されただけでは­なく宇佐宮では神領千石の領地が新政府に返上させられ、経済的な面でも大きな打撃を受­けました

廃仏毀釈を乗り越えた貴重な宝。是非みなさまご覧いただきものです

金剛力士像
宇佐神宮蔵

薬師如来坐像(国指定重要文化財)
大善寺蔵(宇佐市南宇佐)

弥勒大仏等(県指定重要文化財)木造阿弥陀来立像
極楽寺蔵(宇佐市南宇佐)

地蔵菩薩
宇佐市長洲浜の下
[<   宇佐市最後の空襲畑田空襲(S20.8.8)&小倉陸軍造兵廠糸口山製造所 宇佐海軍航空隊 ガンカメラ映像 ひやします。いやします。人気の涼スポット「岳切渓谷」 廃仏毀釈(きしゃく)を乗り越えた貴重な仏像 御許山騒動 宇佐市の滝スポット。滝で癒す!マイナスイオン、飛沫浴 本殿遷座祭 奉幣の儀 返祝詞 (かえしのりと) 宇佐神宮 74年ぶり!宇佐神宮 本殿遷座祭 遷座の儀   >]

宇佐市ホームページ
宇佐市公式LINE@
宇佐市公式Facebook
宇佐市公式ツイッター
宇佐市議会インターネット放送局
宇佐市平和資料館
世界農業遺産認定 国東半島・宇佐地域
宇佐ブランド認証品
みんなの宇佐自慢大募集!動画を投稿しよう!