1ch:観光・歴史情報 > 2015年度 > 10年に一度の臨時奉幣祭 'Rinji Hohei-sai Chokusai ' – Ceremony of Special offerings held once every 10 years.

10年に一度の臨時奉幣祭 'Rinji Hohei-sai Chokusai ' – Ceremony of Special offerings held once every 10 years.
掲載日時:2015/10/11 12:04
臨時奉幣祭(勅祭)が斎行されました

10年に一度の臨時奉幣祭 勅祭
'Rinji Hohei-sai Chokusai ' – Ceremony of Special offerings held once every 10 years.

天皇陛下の思し召しにより御使者である勅使が御参向され、陛下よりのお供え物である幣­帛(へいはく)を奉る 宇佐神宮の最重儀(さいじゅうぎ→儀式のこと 最も重要な儀式)「臨時奉幣祭(勅祭)」が、古式に則り斎行されます。
The most important ritual of Usa Shrine, the Rinji Hohei-sai Chokusai, is carried out in accordance with old traditions where an envoy is sent with an Imperial messenger who presents the shrine with a gift from the Emperor.

定期的に勅使が御参向になる「勅祭社」は全国に16社あり、その一社である宇佐神宮で­は、10年に1度、陛下御治定の日に斎行されます。
Usa Shrine is one of 16 shrines in Japan designated as a “Chokusai-sha” (a shrine which is visited on a regular basis by Imperial messengers) and Imperial visits to Usa Shrine are made once every ten years on a day determined by the Emperor.

勅祭斎行に当り、前日10月5日(月)には勅使御奉迎の打上花火や提灯行列が行われ、­翌当日は奉納行事や野点(お茶席)などの神賑(かみにぎわい・しんしん)が 催される等、境内は各奉祝行事で賑わいます。
From the day before the Imperial visit the grounds of the shrine are bustling with activity dedicated to the Gods. The day before the Chokusai rituals there are events such as fireworks to welcome the Imperial envoy and a lantern procession and the following day the main offering as well as open air tea ceremonies etc. are held.

また勅使がお渡りになる「呉橋」を、一般開放致します。
In addition the “Kure-hashi” bridge, which the Imperial envoy passes over, is open to the general public.
[<   石橋の魅力を伝える ふるさと子供ガイド〜未来に伝えたい石橋〜 宇佐市四日市散策スポット!東西別院の歴史 宇佐神宮 仲秋祭(放生会) Mid-Autumn Festival (Hojoe Ceremony – release of captive animals) 10年に一度の臨時奉幣祭 'Rinji Hohei-sai Chokusai ' – Ceremony of Special offerings held once every 10 years. 10年に1度の臨時奉幣祭(第256回勅祭) 宇佐市最後の空襲畑田空襲(S20.8.8)&小倉陸軍造兵廠糸口山製造所 宇佐海軍航空隊 ガンカメラ映像   >]

宇佐市ホームページ
宇佐市公式LINE@
宇佐市公式Facebook
宇佐市公式ツイッター
宇佐市議会インターネット放送局
宇佐市平和資料館
世界農業遺産認定 国東半島・宇佐地域
宇佐ブランド認証品
みんなの宇佐自慢大募集!動画を投稿しよう!